HOME » 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは? » 宅建合格からの更なるステップアップ

宅建合格からの更なるステップアップ

ここでは、宅地建物取引士(宅建)の資格を取得することでめざせるステップアップについて解説します。不動産関連から司法関連まで、宅建を取得すれば待遇面や業務面でも大きく飛躍できます。

宅建から目指す難関資格・試験

宅地建物取引士を取得すると不動産関連の知識はもちろん、税務や土建、商法、民法などの専門知識を修得することが可能です。そのため、1つの資格を取得することでさまざまな道が切りひらくことができます。司法書士や行政書士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなど、不動産業以外へのステップアップも決して難しいことではありません。

むしろ、1からこれらへの転身をはかる人に比べると、かなり大きなアドバンテージがあるでしょう。こうした点も、宅建が人気資格である理由のひとつにあげられるのではないでしょうか?

とくに、「司法試験の登竜門」ともいわれるほど、宅建は司法関連の士業を目指す人にとっては基礎のようなものです。はじめは「司法試験なんて絶対無理」と、まったく興味がなかった人が、宅建を取得することで法律のおもしろさや身近さに目覚め、司法試験を突破したケースも少なくないそうです。

司法試験といわずとも、宅建取得から行政書士の資格を目指す人はかなり多いのも事実です。行政書士以外にも、司法書士や貸金業務主任者、土地家屋調査士なども、宅建取得者なら射程圏内です。

あわせて取得したい不動産関連資格

宅建は不動産業界においても強力なステップアップツールであるといえます。業務内容の似かよっているマンション管理士や管理業務主任者なら、宅建取得者にとってはそれほど難しい資格ではないでしょう。また、宅建と同時に取得することで、しごとの幅や活躍の幅が大きく広がる可能性も考えられます。

これらよりも上級の資格である、不動産鑑定士にも十分、ステップアップが可能です。高度な専門知識を要し、不動産資格の頂点に君臨するともいわれる不動産鑑定士の合格者には、宅建取得者が数多くいます。

試験は宅建よりもさらに難易度もあがりますが、待遇面でも将来性でも不動産関連資格ではトップクラス。機会があれば、ぜひチャレンジしてほしい資格です。不動産鑑定士ほど難易度の高くないところでは、社会保険労務士、中小企業診断士などの資格も取得していくと、業務にかなり幅ができるでしょう。

通信講座のなかには2講座目が無料になるものもあるので、宅建講座とあわせ、これらの各資格の講座を受講するのもおすすめです。せっかくのチャンスを逃さず、積極的に活用してみましょう。

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?