宅建資格のメリット

宅建資格を取得することで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、宅建のメリットについてみてみたいと思います。

宅建を取得することでえられるメリットとは

不動産業はもちろん、建築・建設業、金融業などでの活躍が期待できる宅建ですが、こうした不動産業以外の業界でも生かすことができるのが、宅建の最大のメリットといえます。

宅建のメリット【その1】不動産業で生かせる

不動産業で生かせることが、宅建最大のメリットとしてまずあげられます。不動産会社ではたらく分には、別に宅建の資格はいりません。しかし、重要事項説明など、物件の契約時には必ず宅建の資格をもつ人間が担当しなければならないのです。そのため、どの不動産会社でも宅建取得者は就職に有利になります。

会社によっては昇進・昇給に、宅建の資格取得・保有が条件とされている場合もあるほどで、待遇面でも有資格者と無資格者とでは雲泥の差があります。

宅建のメリット【その2】金融業で生かせる

銀行・ノンバンクなどの金融業では、預貯金とそれにともなう手数料と同じくらい重要な業務となっているのが、融資・ローンの貸出業務です。法人でなくとも、わたしたち個人にも融資は身近であり、住宅ローンなどその最たるものと言えるでしょう。

住宅ローンや不動産担保ローンは当然のことですが、そのほかの融資・ローンでも不動産が担保となるケースが実に多いのです。

不動産を担保にする際には、物件は住居専用地域にあるのか商業地域にあるのか、また制限事項などの有無によって、査定額は大きく違ってきます。不動産の専門知識がなければ、精確に融資額を算出することもできません。

ということは、宅建で得たスキルがそのまま生かせるということです。宅建資格取得者は、不動産関連の法律関係の知識も持っているため、金融業界ではかなり重宝されています。

宅建のメリット【その3】独立・起業で生かせる

宅建で得た知識は、独立や起業して開業するときにも役立ちます。どの業種にはどのエリアのどのような物件がもっとも適しているのか、不動産をもっているのなら担保にするといくらまで融資を引き出せるのかなど、優位にビジネスをすすめるために欠かせない知識として活用できます。なかでも、不動産業者として独立する場合は宅建を取得しているとかなり有利になります。

法律上、不動産業者は1事業所あたり5人に1人の割合で正社員の宅建資格取得者を配置する必要があります。しかし、自身が有資格者であれば新たに宅建資格取得者を雇う必要はなく、必要最小限の人員で開業・営業することができるのです。給与面でも優遇する必要のある正社員の宅建士を雇う必要がないことは、多額の運営・運転資金のかかる独立・起業時にはかなりのメリットとなるはずです。

宅建のメリット【その4】家の購入・賃貸で生かせる

戸建て・マンションの購入となると、資金計画が欠かせません。ローンの融資額、金利、頭金や返済額・方法、固定資産税など、必要となる詳細な資金計画も、すべて宅建取得時に勉強する内容です。したがって、宅建取得者であれば、無理のない資金計画をたてて自宅を購入することができるでしょう。また、不動産に精通していることで、金融機関とも優位に融資交渉ができるはずです。

同様に、賃貸物件を借りるときにも宅建で得た知識は役立ちます。敷金の清算におけるトラブルも避けられるかもしれませんし、なにより物件と家賃が適正であるかを見極めることができます。

宅建のメリット【その5】幅ひろい知識を修得できる

宅建は不動産関連の資格。ですが、身につけられるのは不動産の知識だけではありません。不動産と密接にかかわる税務をはじめ、商法や民法など、幅広いジャンルの知見を修得する必要があります。要するにあらゆる知識を得ていることで、つぶしがきくともいえるかもしれません。

しかも国家資格であるため、全国どこでも通用します。専門資格でありながら、横断的な知識を身につけられる宅建こそ、最強の資格のひとつだといえるでしょう。

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?