HOME » 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは? » 宅建登録講習(5問免除講習)とは

宅建登録講習(5問免除講習)とは

これから宅建(宅地建物取引士)の取得を考えている人に、ぜひ覚えておいていただきたいのが宅建登録補習です。本試験の際に、問題が5問免除されるという制度なのですが、そのあたりについて詳しく説明します。

試験問題が一部免除される宅建登録講習

宅建の試験は、全50問で構成されていますが、宅建登録講習をうけていると、問46~問50までの最後の5問が免除されるというものです。これが、いわゆる5問免除講習といわれる制度なのです。

具体的には、「宅地及び建物の需給に関する法令並びに実務に関する科目」「土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関する科目」の2科目が免除され、試験時間にして10分も短縮されます。

はじめから5問免除、つまり5問正解というアドバンテージがあり、宅建登録講習受講者は一般受験に比べ10%も合格率が高くなるため、利用しなければ損かもしれません。ただし、もちろん誰でも免除されるというわけではなく、受講資格があるので確認しておきましょう。

その受講資格は以下の通りです。

【宅建登録講習の受講条件】

この2点をクリアしている必要があります。なので、学生さんや自営業者の方は、残念ながら受講資格を得られません

ちなみに、宅地建物取引業者として登録している会社であれば、必ずしも不動産業者である必要はありません。いま勤務している会社が宅地建物取引業者の登録をしている可能性もあるので、確かめてみるといいかもしれませんね。

宅建登録講習とはどのような講習か

宅建登録講習は、専門学校や資格学校などで受講することができます。受講期間や受講料は、実施機関によって異なるためよく確認するようにしましょう。登録講習の内容は、50時間の学習1時間の修了試験で構成されています。これは、法令で定められているので、どこで講習を受けても変わりません。

また、学習時間のうち、最低でも10時間以上は講師と面と向かっての授業が義務づけられており、通信講座で約2か月勉強したのち、2日間にわたって10時間の対面授業をしているケースが多くみられます。

授業内容はほとんどが宅建試験の出題範囲内のことなので、試験勉強も兼ねられ、効率よく試験対策ができるでしょう。計50時間の学習を終えると、修了試験へと進むことができます。

修了試験の内容は、実施する機関の裁量に任されているので、どこで受講するかで変わってきます。形式はマークシート方式がほとんどで、問題数もおおよそ20問くらい、正解率70%が合格ラインのところが多いようです。

最速で受かるランキング

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?