HOME » 【宅建受かった!】合格者の声 » 通信講座で合格

通信講座で合格

宅建に見事合格した人たちの体験談口コミのなかから、ここでは通信講座で勉強して合格した方の声を紹介します。

【独学での失敗から通信講座へ】

■40代・女性

これまでに少し法律の勉強をしたことがあり、「なにか資格をとるなら法律系の資格を取りたい」と思ったのが、宅建取得のきっかけです。

大学は法学部に通っていたこともあり、はじめは独学で勉強しました。

参考書や過去問集などをそろえてみたはいいものの、想像以上に難しいというのがやってみての感想です。とくに、民法は難問ばかりで、過去問題をやっても不正解だらけ。

それでもなんとか1年間、独学で頑張り、いざ受験。

しかし、残念ながら不合格…。大きな期待はしていなかったものの、現実をつきつけられるとかなりショックです。

これではダメだと一念発起して、今度は通信講座で徹底的に勉強することにしました。

苦手だった民法もとことん勉強。すると、宅建の基本である民法がわかるようになったことで、ほかの分野の問題もなんなく解けるようになったではありませんか。

通信講座はポイントを押さえた内容になっているし、そのうえで過去問題を何度も繰り返し演習することで、かなりの実力がつきます。

おかげで、翌年の試験では無事に合格できました。

これから宅建の勉強をする方は、とくに民法は時間をかけてでもていねいに学習するようにしてください。それが宅建合格への近道になります。

【宅建取得で収入もアップ】

■20代・男性

わたしは不動産会社に勤めており、そこでのスキルアップのために宅建を取得しました。

重要事項説明などは宅建士しかできず、ステップアップするにはどうしても必要だったのです。

仕事をしながらだったのでまとまった時間はあまりとれず、勉強期間は1年半ほど。1日2時間くらい勉強したと思います。

通信講座のテキストは、ジャンルごとに問題がわかれていて取り組みやすいのですが、建築基準法の建ぺい率や容積率など細かい数字のでてくる分野は少し手こずりました。

都市計画法も内容が複雑で難しかったのを覚えています。

それでも、時間をかけてゆっくりでも勉強すればわかる内容になっており、最終的には苦手分野は克服。

結果、宅建もなんなく合格できたのです。

いまでは宅建取得のおかげで昇給し、お客さんからの信頼も格段にあがりました。

独学なら絶対無理だったでしょうし、通学は時間がとれなかったでしょう。通信講座にしてよかったと思います。

取得は決して簡単ではありませんが、少しずつでも勉強を積み重ねることが大切です。

【職場復帰後のキャリアアップに】

■30代・女性

現在、育休なのですが、不動産関係の仕事に就いていることから、宅建を取得し、復帰後は職場で生かしたいと思い受験しました。

実は、これまでにも2度、宅建を受験したのですが、いずれも失敗。

そのときに宅建の難しさは痛感しており、「今度は失敗できない」という思いから今回は評判のよかった通信講座を利用することにしたのです。

それでもはじめは、「通信講座だけで合格なんて大丈夫かな」と、かなり不安でした。

しかし、実際に受講してみて、その不安は杞憂のものだったことがわかります。

テキストはこれまで使っていた参考よりも要点がまとめられており、びっくりするほどコンパクト。図版も豊富で、とてもわかりやすい内容だったのです。

わからないところがあれば、SNSで直接講師の先生に質問もでき、前向きなアドバイスも。的確な助言は、勉強づけの毎日で心が折れそうなときでも、とても励みになりました。

育児をしながらでも、その合間、合間に十分にできるテキストなので、本当にありがたかったです。

そのおかげで、念願だった宅建に合格!

復帰後は宅建を生かしてこれまで以上に仕事で活躍したいですし、キャリアアップにつなげていければと思っています。

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?