宅建独学にオススメのテキスト

テキスト・参考書

宅建の独学はテキスト・参考書次第ともいわれています。そこで、ここでは独学におすすめのテキスト・参考書をとりあげてみました。

通信で学ぶのもありですが、独学も一つの選択肢としてあっても良いです。
ただテキスト選びが非常に重要になりますので、自分に合った参考書を選ぶことをおすすめします。
一度独学で挫折した経験があるかたや、どの科目の参考書を選べばよいのか分からないかたは、通信講座をお勧めします。通学する面倒もないですし、何より自由に時間が取れます。
複数の参考書の料金を考えるとプラスアルファして通信講座を受講することも視野に入れるべきです。
料金の安い通信講座についても調査しておりますので併せてご覧ください。

数冊の参考書代にあとちょっと出せば受けられる通信講座まとめ>>

目次

独学で使いたいテキスト・参考書一覧

独学での宅建合格は、少しハードルが高いように思われたかもしれません。それはあながち間違いではなく、本人のやる気・持続力はもとより、どのテキスト・参考書で勉強するのか、その選択に左右される要素が大きいからです。

逆にいえば、独学に適したテキスト・参考書に出会えることができれば、独学合格のハードルを下げることができるということ。質の高いテキスト・参考書で効率よく勉強できれば、独学でも問題なく宅建を取得している人は毎年たくさんいるのです。では、レベル別におすすめのテキスト・参考書の一部を紹介しましょう。

宅建の入門書に最適なテキスト

■『うかる! マンガ宅建士入門 2016年度版』(うかる!宅建士シリーズ)

マンガでわかりやすく、不動産用語や法律用語などの専門用語も含め、宅建の概要について知ることができる1冊。図版やイラストで入門者でものみこみやすいので、まったくのゼロからのスタートでも理解しやすい内容になっています。

マンガだからといって、決して内容が薄いわけではなく、分野ごとにキーポイントをしっかり網羅しています。そのため、基礎再確認用に上級者が読むのもおすすめです。

宅建の基礎固めに最適なテキスト

■『わかって合格る宅建士 基本テキスト 2016年度』(わかって合格る宅建士シリーズ)

宅建の概要を定着させるのに最適な、実践レベルのテキスト。著名な資格学校の講師による執筆で、宅建の勉強をはじめたばかりのビギナーでも実力がつく内容に編集されています。

聞きなれない難しい専門用語も、丁寧にわかりやすく解説されているため、独学でもつまづくことなく勉強できるのが特徴。過去問題も掲載されているので、1冊で過去問演習ができるのもおすすめポイントです。

■『みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2016年度』

こちらも資格学校発行のテキスト。こちらのテキストの特徴は、内容の濃さもさることながら、本を「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限・税」の3冊に分割できる点です。

持ち運びがしやすいため、勉強したい分野のパートだけを持ちだせて便利。内容構成も、合格のためにこれだけは最低限押さえておきたいポイントがしっかりまとめられており、効率よく勉強できます。カラー図版が豊富で理解しやすいのも◎。

宅建の難関ポイント・民法に最適なテキスト

■『民法がわかった』

民法をより重点的に学びたい人におすすめの1冊。民法初級者向けで専門性は高くないものの、そのぶん、誰にでも内容がわかりやすくなっています。

民法を苦手とする人にはうってつけの内容となっています。そのほかのテキストや過去問題集とあわせて使うと効果的でしょう。

宅建受験対策に最適な過去問題集

■『2016年版出る順宅建士 ウォーク問 過去問題集 2 宅建業法』(出る順宅建士シリーズ)

宅建の受験対策として欠かせない過去問題集のなかでも、とくに押さえておきたい問題集がこちら。

過去問をやたらめったらてんこ盛りにしているわけではなく、厳選された550問に絞って掲載しています。そのため、効率的に勉強できるのが特徴です。間違えやすい問題や、よく出題される重要問題ばかりなので、反復演習することで実力が自然と高まるでしょう。

宅建の要点整理に最適な参考書

■『平成27年版 パーフェクト宅建 要点整理』(パーフェクト宅建シリーズ)

幅広い宅建の出題範囲の要点を、わかりやすく整理した参考書。要点を押さえるためにはもってこいの1冊で、基礎を固めたあとのスキルアップにおすすめです。

内容も図版などを用いて丁寧に解説されており、見やすくなっています。メインの参考書とはなりえませんが、サブテキストとして活用すると良いでしょう。

宅建に合格するためにもっと情報収集をする

通信講座

独学を選択するメリットの一つが費用の安さです。

宅建の独学にかかる費用はテキスト・参考書代のみですので、仮に数冊のテキストを購入したとしても、その費用は1~2万円程度でしょう。

通信や通学と比べ、資格取得にかかる出費を大幅に抑えることができます。

そしてもう一つのメリットが、自分のペースに合わせて勉強できるという点です。テキスト・参考書があれば自宅でも通勤中の車内でも、空いた時間に自由に勉強することができます。

特に、働きながら資格の勉強をするかたにとって、通学講座に通い続けることは容易ではありません。

残業や出張などで参加できないこともありますし、自宅から離れた場所にしか学校がなく、通学自体が負担になってしまうこともあるでしょう。

その点、自宅やカフェなど自由な時間・自由な場所で勉強できるというのは、独学の大きなメリットだと言えます。

しかし、全てにおいて独学に軍配が上がるわけではありません。独学はすべて一人で勉強を行わなければならず、答えがわからない時や疑問が生まれた時に相談できる相手がいません。

どこから手を付ければいいのか、どのテキストを利用すればいいのかなど、出だしからつまずいてしまうこともあります。

もちろん、合格者の中には独学だけで資格を取得したかたもいますが、そのためには自分に合った参考書を的確に選び、学習のモチベーションを持続させなければなりません。

もし独学に不安を感じるような場合は、通信講座を検討してみてはいかがでしょうか

通信講座なら、初心者でも勉強しやすいようなカリキュラムが組まれていたり、宅建を熟知した講師がマンツーマンで指導してくれたりするところもあります。

また、市販のテキスと比べ通信講座のテキストは要点がまとめられており、効率的に勉強することができます。

「でも、通信講座は費用がかかるから、経済的に厳しい」とお考えのかたもおられるでしょう。

たしかに独学と比べ多少出費は増えますが、通信講座の種類によっては、参考書代に少しプラスするだけで受講できるところもあります。

万が一不合格になってしまった場合には返金制度を受けられる通信講座もありますので、経済的負担が不安なかたは、そのような講座を選ぶと安心です。

通信講座にもいろいろな種類がありますので、まずは人気通信講座を比較してみましょう。通信講座なら、自分の生活リズムに合わせて効率的に勉強を進めることができます。

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?

PAGE TOP