独学・通信講座で宅建資格を取得するガイドHOME » 宅建に独学で合格するのは可能か?

宅建に独学で合格するのは可能か?

ここでは、多くの人が頭に浮かぶ疑問、果たして独学での宅建合格は可能なのかについて考えてみようと思います。

独学から目指す宅建合格とは

勉強

結論から言ってしまえば、独学でも宅建の合格は可能です。現に、毎年30,000人前後の合格者のうち、ほんの一握りですが独学のみで合格している方もいます。ですが、当然ながらそれには条件があります。

宅建の試験は年に1度しかありません。慎重な人は1年前から勉強のスケジュールを組み、万全の準備で挑みます。どの科目を重点的に、1日何時間勉強するのか。大学受験なみの用意周到さで試験にのぞむ方も多くいます。

独学で宅建合格のカギを握るのは教材

独学で勉強をするなら何よりも重要なのは、テキスト・参考書の質です。ちょっと本屋をのぞいただけでも宅建関連のテキストは充実していますし、ネットで検索すればいわずもがな。無数のテキスト・参考書が市販されています。この中から、いかに自分の勉強スタイルや実力レベルに応じたテキストを選べるのかが、独学合格の大きなファクターとなってきます。

特に、一から宅建の勉強をはじめようという人は、丁寧でわかりやすい内容のテキストを選ぶことが必須です。いきなり難易度の高いテキストを選ぶと、聞きなれない専門用語や難解な法律用語だらけで、読んでもちんぷんかんぷんになってしい、モチベーションも下がってしまうし、「宅建、難しそうだからやめた」と断念しかねません。

分かりやすいテキストを選ぶポイントは、図解や図版が豊富で、重要ポイントごとに噛みくだいて解説されているものを選ぶことです。

このレベルのテキストに書かれている内容は、基本中の基本。つまり、試験でも必ず出てくるし、決して取りこぼせない内容ばかりなので、上級者が基礎を確認するのにも使えます。まずは入門書レベルのテキストからはじめ、宅建の概要や基本を押さえたら徐々にレベルを上げていけばいいと思います。

>>宅建独学にオススメのテキスト

仕上げに科目ごとの対策を考える

次のステップとしては、試験に出題される科目ごとに対策すると良いでしょう。宅建業法、権利関係の2大科目に加え、法令上の制限、税・その他の科目を実力に応じてこなしていけば、合格レベルにまで近づけるはずです。

傾向を把握し、あとはひたすら過去問題集で反復演習します。出題傾向を知ることで、点数の取りこぼしも減らせるでしょう。

このように、独学でも勉強法しだいで宅建には合格できます。だが、想像以上の努力と1人でやりきるという覚悟が必要であることは、しっかり認識しておいたほうが良いかもしれません。

宅建試験科目【宅建業法】

上記でも紹介したように、宅建試験に合格しようと考えるのならば、まずは宅建に関する専門用語などを理解することができなければ始まりません。そして、試験科目の中でも「宅建業法」に関しては、過去問が出題される傾向が高くなっています。

宅建業法についての試験勉強をする際には、基本的なテキストとともに「過去問」を活用することがおすすめです。また、この際の勉強法として、大前提として暗記科目であるということも大切なポイントになるでしょう。

ただテキストや過去問を眺めるのではなく、実際に解いていく、問題文で表されるミスディレクションについても強くなる必要があります。特に業法においては俗にいう「いやらしい問題」が多くなります。

さらっと読み飛ばしただけでは間違えてしまう、よくよく読んでみれば正反対のことを問われている、などひっかけ問題が多くなっている傾向が。言質を取られないようにという練習のような側面もあるので、ただ知識を詰め込むだけでは足りません。

問題文をきちんと読み解けるよう、専門用語の暗記とともに、問題文をしっかりと読むこむ癖を付けましょう。

>>宅建試験科目【宅建業法】

宅建試験科目【権利関係(民法)】

宅建試験において、毎年難易度が高くなっていると言われている権利関係(民法)においては、民法専用のテキスト、ノートを用意して徹底的に覚えていく必要があります。

試験における出題数こそ10問程度と少ない傾向にありますが、少ないからこそ、合格のための基準が高いということでもあります。業法にどれだけ強くとも、民法が理解できていなければ落されてしまうということですね。

更に出題数が少ないということは、勉強をする際にもどの程度把握しておけばいいのかがわかりにくいということでもあります。したがって基本的には民法とはどういうものなのか、といった点を把握することから始めましょう。

漫画テイストなものなど、民法の入門書はたくさんあります。自分で読んでみて理解しやすそうな入門書を読破して、まずは民法の外骨格を理解します。次に覚え方、理解の仕方におすすめなのが「図」にあらわして理解するということです。

民法では多くの場合関係者が複数出てくることになります。この関係者それぞれがどのような関係になっているのか、といった点を図で表すことによって、文章だけでは理解しにくい部分を明確にしやすくなります。

民法の勉強中に頭がこんがらがってきた、と感じたら図に表してみましょう。あとはコツコツと暗記していくことが一番です。

>>宅建試験科目【権利関係(民法)】

宅建試験科目【法令上の制限】

難しい言葉が連なっていることから、苦手意識を持つ方も多いであろう「法令上の制限」という問題。宅建試験のための勉強をしなければ、通常の生活では縁のない言葉ばかりが出てくるので、気持ちはよくわかります。

しかし、反対に考えてみると、法令上の制限とは「言葉の意味」や「関係してくる数字」を述べる問題です。言葉自体になれてしまえば難しい問題ではないとも言えるので、ひたすらにテキストの読み込み、過去問を解くことが一番の近道だといえるでしょう。

また、法令上の制限は基本的に覚えてしまうことが一番だと述べました、しかし落とし穴のようなポイントとして「法改正」がある点が厄介なところだとも言えます。

法改正の情報は逐一読み込み、頭に叩き込むようにしましょう。改正された法に関してだけではなく、どこがどう変わったのか?といった問題も出される傾向にあります。

情報を見逃さないよう、気を付けることも大切です。

>>宅建試験科目【法令上の制限】

宅建試験科目【税・その他】

古くは捨て問題とされてきた税・その他の問題ですが、昨今では税の問題をしっかりととっておくことも必須とされています。問題数が少ない科目でもあるので、テキストと過去問の読み込みで勉強していきましょう。

全体を暗記するように覚えるのではなく、関係してくる例を組み合わせて覚えていくことがおすすめです。

ただし例題にこだわるあまりに、深く追求していくような勉強法はおすすめできません。捨て問題ではないといっても、時間は有限です。税・その他に関して深く追求する時間をとるよりも、他の科目にその分の勉強時間を当てたほうが有効でもあるといえるでしょう。

特に暗記部分がまだ不安だというのなら、暇な時間はすべてテキストを読み込む、くらいの事は必要になります。

>>宅建試験科目【税・その他】

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?

PAGE TOP