ユーキャン

宅建の独学での勉強に定評のある通信講座のなかでも、このページでは「ユーキャン」について紹介しましょう。

ユーキャンの特徴

サポート体制が充実

ユーキャンの宅建通信講座は、充実した指導とサポート力が魅力です。通常の通信講座でも取り入れられている添削指導だけでなく、受講者一人ひとりが抱える苦手分野の克服や点数アップのために的確なアドバイスをしてくれます。気を付けなければいけない点や間違えやすいところなど、指摘ポイントを一目でわかるようにしているので、しっかりと復習にもつなげやすいですね。 もしテキストや指導の内容でわからない点があったときは、テキストの郵送かメールでの相談が可能なので、不安を残したまま講座を進める必要がありません。

講師陣は宅建のスペシャリスト

ユーキャンは宅建の講師陣だけでも20人以上が在籍。過去に行なわれた試験の出題傾向を分析したうえで指導を行なうため、効率の良い受講が可能です。「講座内容が丁寧でわかりやすい」と受講者から好評価を得ている宅建のスペシャリストばかりなので、初学者でも不安なく学習できそうですね。

出題範囲を絞った実践向けテキスト

宅建講座で使用するユーキャンの基礎テキストは3冊のみ。合格に必要な部分だけが書かれたテキストは、過去の試験問題が徹底的に分析された証と言えそうです。 宅建のテキストは知識を詰め込むためだけのものではなく、宅建試験に合格することを目的として、宅建試験の合格ラインである7~8割の獲得点に重点が置かれています。 また、テキスト以外にも会話形式で民法について学べる入門ブックや、過去問題集を副教材として用意。初めてでも短期合格を目指せるフォローを行ないます。

実力を伸ばすためのスクーリング&DVDアリ

例年8月~10月には、試験本番に向けてモチベーションを高めるための総仕上げとして、宅建講座の講師が受講者の前で直接レクチャーを行ないます。会場に足を運ぶことができない受講者には、授業内容をDVDにしたサポートもあるので安心ですね。こちらは参加希望者に有料で案内をしており、無料の内容ではないので気を付けましょう。

ユーキャンの宅建通信講座

※掲載している情報は2016年6月現在のものです。最新の情報は公式HPなどで確認してください。

ユーキャンの口コミ評判

テキストの表現が平易で、初心者にも分かりやすいです。また、それぞれのテキストが薄いことも、勉強を続けられる理由だったと思います。実はかつて、他社の宅建通信講座を受けていたことがあるのですが、そこでは分厚いテキストが3冊。最初はそれを見てやる気が出たものの、だんだん勉強のペースが遅くなり、最終的には挫折してしまった経験があります。ユーキャンはポイントをコンパクトにまとめるのが上手だから、テキストも薄いのでしょう。電車の中や、いろいろなところで開きやすいので、勉強が効率的に進みました。他の宅建通信講座に比べると若干割高だったので最初は迷いましたが、実際に受講してみて、今となっては満足しています。

テキストと過去問が複数、入門ブック、DVD、添削用問題用紙など教材が多かった

ユーキャンの宅建通信講座を受講して、無事、宅建に合格しました!現在は契約社員として不動産会社に勤務していますが、名刺に「宅建所有者」の肩書が付くだけで、お客様からの信頼も違ってきます。自分としても仕事に自信が付きます。通信講座で勉強をしていくためには、分かりやすいテキストが不可欠。ユーキャンのテキストは初心者でも分かりやすい構成なので、とても勉強しやすかったです。疑問点があっても、最近はネット上に情報がたくさんあるので、すぐに解消できました。しかも、通学式に比べれば受講料が半額程度とお得で、通学式にありがちな電話勧誘もユーキャンからは一切ありませんでした。受講して良かったです。

勉強の仕方自体のアドバイスもいただき、どう勉強していけば良いのかなどガイダンスも丁寧で非常に助かりました。

書店で宅建の参考書と問題集を買って、独学で試験を受けてはみたものの、見事に玉砕。やっぱり独学では無理なのかと思い直し、ユーキャンに申し込みました。最初に驚いたのは、テキストの薄さ。今まで書店で購入していた参考書に比べ格段に薄かったです。それにも関わらず、内容はポイントをしっかりと抑えた素晴らしいもの。これなら続けられそうだという自信が湧きました。同時に、今までの苦労は何だったんだろうとも思いました。自分で学習計画を立てる必要はなく、ユーキャンが決めたスケジュールに従って淡々と勉強していくだけで、最終的には合格するシステムのようです。次回の試験に向けて、現在は順調に勉強を進めることができていると思います。

通信講座の5社から資料を取り寄せて、しっかりと比較してみましたが、最終的にはユーキャンの講座に申し込むことにしました。ユーキャンを選んだ理由は、まずテキストがカラーだったということ。図解なども多く、初心者の私にはとても分かりやすい作りでした。テキスト以外にも、過去問や添削、ガイダンスなど充実した内容。中でも特に良かったのが、ガイダンスです。ガイダンスでは、今後の勉強計画や勉強の仕方などのアドバイスが丁寧で、非常に役に立ちました。毎日1時間の勉強を半年ほど続けるという計画の中、ユーキャンから与えられるペースをしっかりと維持。何度受けても落ちる人が多いという宅建試験ですが、私の場合は、初歩から勉強を始めて1回目の試験で合格することができました。

ユーキャンの基本情報

  • 運営会社…株式会社ユーキャン
  • 所在地…東京都新宿区高田馬場4-2-38
  • おもな資格講座…行政書士、司法書士、社会保険労務士、知的財産管理技能士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、簿記3級、秘書検定、ビジネス実務法務検定、土地家屋調査士、マンション管理士・管理業務主任者、2級建築士、医師事務アシスタント、医療事務、看護助手、衛生管理者、歯科助手、調剤薬局事務、登録販売者、介護事務、介護福祉士(実務者研修付き)、介護福祉士(実務者研修無し)、レクリエーション介護士、ケアマネージャー、准サービス介助士、社会福祉士、福祉住環境コーディネーター、保育士など

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?

PAGE TOP