HOME » 独学で宅建に合格する方法 » 試験直前の勉強法

試験直前の勉強法

宅建の試験本番直前になってもあわてないことです。試験直前には直前で、やるべきことがあります。直前の勉強法について紹介しましょう。

試験までにしておきたい直前の勉強法とは

宅建の試験は毎年10月に開催されますが、本番の10日~1週間前ともなると受験者は悲喜こもごもでしょう。「あと数日しかない」とあせる人もいれば、何か月にもわたって勉強をやりつくし「することがなくなった」という人もいるようです。

ですが、どんな勉強法をとってきたとしても、この期間はとても大切な時間であることは間違いありません。もっとも効果的なのは、いままでしてきた勉強法以外の方法で、テキストの復習や過去問題の演習をすることです。そうすることで、より幅広い出題に対応できるようになります。そのほかにも、以下のような勉強法もおすすめです。

非重要ページを見る

基本的に、テキストに重要でないページはありませんが、それでも覚えるべき内容にはランクがあります。通常は重要なところにはマーキングされていたり、太字になっていたりしますが、それ以外のページも読み直してみましょう。

マーカーでチェックしている人は、チェックしていないページに新しい発見があるかもしれませんよ。

無作為に問題を解く

過去問題数をページ順ではなく、無作為・ランダムに解いてみるのもおすすめです。無意識のうちに、「この問題の次はこの問題で、答えはこれ」と脳の中に刷り込まれていることもあり、ランダムに問題を並べると意外と解けないこともあります。

パラパラとランダムにページをめくって問題を解いたり、テキストの最後から逆順で説いていくのもいいでしょう。

スピードにこだわって演習する

過去10年分の問題を、1日で一気に解いてみてください。大量の問題を解くことで自信にもなりますし、何度も解いてきた問題ながら、それでも何問かは間違いもあるはずです。最後にそこをケアして取りこぼしをなくす意味でも有効です。

声に出して読む

一説には、書き取りよりも声に出して読んだほうが記憶にのこるといわれています。苦手なところを中心に、一通りテキストを声に出して読んでみましょう。

数値を洗い出す

宅建の試験には、法律関連の数値が多々出てきます。試験範囲内に出てくる数値を洗い出してみるもの、効果的です。洗い出した数値がその数以下なのか、以上なのか、超えるのか超えないのか、また、同等なのかなど、ちょっとした違いが成否につながるため、再確認しておきたいところです。

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?