HOME » 独学で宅建に合格する方法 » 宅建合格に効果的な学習方法

宅建合格に効果的な学習方法

宅建は勉強法いかんで、合格の道が閉ざされたり、開けたりします。では、どうのような勉強法が合格へとつながっていくのか。そのあたりについて説明しましょう。

効率よく勉強して宅建合格するには

独学で宅建に合格することは、不可能なことではありません。しかし、ただ無計画に勉強していても絶対に受からないでしょう。合格するためには効果的な勉強法で学習していくことが必須条件なのです。たとえば、学習計画。宅建に合格するには、だいたい400時間の勉強時間が必要といわれており、それを逆算してスケジュールを立てます。

宅建の試験は基本的に10月なので、半年前、遅くとも4月にはスタートさせたいところです。4月に基本的なことからはじめ、5月に入ったら一気に勉強スピードを上げ、学習レベルも上げていきます。勉強内容も、科目・分野ごとの出題数、難易度などを踏まえたうえで、得点源を試算し、対策をたてることが求められるでしょう。

宅建の試験科目なかでも占めるウェイトが高いのが、宅建業法と権利関係の2科目。つまり、この2科目は徹底的に学習する必要があるのです。テキストや参考書の読破はもちろん、過去問題集を何度も繰り返して演習し、出題傾向をつかむことが点数を落とさない秘訣です。

ただし、過去問題は闇雲に解くだけでは効果的ではありません。あまり古すぎる問題は、その間に法改正もされているのでやるだけムダです。過去10年くらいまで遡れば十分でしょう。毎年出題される問題から、10年に1度しか出題されなかった問題まで、しっかり解けるようにしておくと良いかもしれません。

そのなかで苦手な科目の取りこぼしが目立つようであれば、重点的にその科目を勉強するようすればいいのです。あとは、本試験時間である2時間以内に、すべての問題が解答できるように訓練しておくことも重要なことです。

独学では試験に間に合わないことも

テキスト・参考書は隅々まで読んで覚える必要があるうえ、過去問題の演習も延々と解くとなると、膨大な時間がかかるのも事実です。的確なスケジューリングで、それを確実にこなしていかなければどんどん勉強が遅れてしまう危険性があります。また、1人で勉強するとなると、モチベーションの維持や根気といった点でも相当な覚悟が必要でしょう。そのため、独学では「秋の宅建試験に間に合わない!」という人も少なくないのです。

ですが、そんなときでもあわてる必要はありません。独学で間に合わなくても、通信講座を利用すれば、十分に試験に間に合う可能性があります。通信講座ならポイントを絞った勉強ができるし、なにより自分の都合にあわせて進められます。

極端な話、7月に宅建の受験を申し込んでから通信講座をはじめても、間にあってしまうのです。現実に勉強期間3か月で合格までこぎつけた人も多くいるそうです。独学での勉強に不安を感じたら、通信講座の利用を検討してみるといいかもしれません。

最速で受かるランキング

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?