HOME » 独学で宅建に合格する方法

独学で宅建に合格する方法

独学でも宅建に合格するにはどのような方法で勉強すればいいのでしょうか。ここでは、そのポイントやコツについて紹介していきましょう。

独学で重要なのは勉強スケジュール

宅建は高い専門知識が求められる資格です。大学などで法律について勉強した、不動産業界ではたらいている、など、ある程度の知見がなければ難易度は高いかもしれません。難易度が高いだけに、独学での勉強もしっかりと要点を押さえておくことが重要です。では、独学で宅建試験の勉強をするには、どのような方法が求められるのでしょうか。

独学においてまず重要なのは、宅建の試験日から逆算してスケジュールを立てることです。試験では、宅建業法、権利関係、法令上の制限、その他の4科目から出題されます。この各科目の学習ペース配分を決めることが、とても重要なのです。

なぜなら、出題割合の少ない科目ばかり集中して勉強しても、合格点には結びつきません。点数の稼げる科目でいかに取りこぼしなく解答できるかは、宅建合格のための絶対条件です。それを見極めたうえで、いつまでにどれくらいのペースでどの科目を勉強していくのかを、あらかじめて決めておかないと、あとの祭り。勉強のペース配分こそ、宅建合格への第一歩といえるでしょう。

テキストの丸暗記をするのは危険!

宅建業法、権利関係は、全50問中、32問を占める大票田。ここでつまづくことは、すなわち、不合格を指すといっても過言ではありません。また、独学で失敗するケースの多くは、テキストを丸暗記しようとして起こります。宅建は横断的な理解が必要な試験なので、丸暗記してもそれが反映されにくいためです。丸暗記するよりは、自分なりのストーリーをつくり、登場人物に成り代わって理屈を理解しながら覚えたほうが身になるでしょう。

テキスト・参考書の質も独学のキーポイントです。背伸びせず、自分のレベルに見あったテキストを使わないと、元来、覚えられるものも頭に入ってきません。簡単でわかりやすいテキストからはじめ、1つずつステップアップしていけば問題ないでしょう。1冊だけですべて賄おうとしないこと。こうした点を押さえておけば、独学でも十分、合格を狙えるはずです。

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?