合格率は、わずか約15%
難易度の高い
宅建資格に挑む最善の方法を知ろう

宅建(宅地建物取引士)の資格試験は毎年約20万人もの人が受験していますが、その合格率は僅か15%。そんな難関試験である宅建(宅地建物取引士)の資格取得を目指す人の為に、勉強方法ごとのメリットデメリットや、費用対効果の高い通信講座をランキングで紹介しています。また、宅建で押さえておきたい試験科目などの基礎知識から、評判の高い通信講座の情報までまとめています。合格者の体験談も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

宅建にもっとも適した
勉強方法はどれ?

独学イラスト

独学

期間 6ヶ月~
費用 15,000円~
※教材・模擬試験代等

自分との戦い!かける時間と勉強量で結果を出す

メリット

自分の好きな方法で勉強することができる。じっくりと時間をかけてでも1人でコツコツ続けたい人向け。

デメリット

モチベーション次第で、勉強時間がいくらでも伸びること。資格取得まで年単位の時間を費やす人が多い。

通信講座イラスト

通信講座

期間 3か月~
費用 30,000円台~

傾向と対策を練った教材で
最短・確実な取得を目指す

メリット

自己管理が苦手な人でも自分のペースで続けられる。費用も安く、短期間で資格取得できる講座もある。

デメリット

通学講座のように、同じ資格取得を目指して切磋琢磨するライバルを作る機会が無いことが挙げられる。

通学講座イラスト

通学講座

期間 6か月~
費用 100,000円台~

同じ目的を持った仲間と
励ましあって合格を目指す

メリット

定期通学するので半年程度かかる。費用はやや高めだが、ライバル・仲間と切磋琢磨できるのは魅力。

デメリット

通学のためのスケジュールを切り詰める必要がある。また他と比べると、移動時間と高い費用がネック。

合格への近道?宅建の通信講座とは

早くとりたい、自信がない人は 通信講座がおすすめ

イメージ

独学で宅建の合格を目指すには1日最低2時間の勉強と、出題傾向の分析、模試の受験が必須項目となります。
しかし、仕事をしながらだと1日2時間も勉強時間がとれない人は多く、過去問題や模試の分析も自分でしなければいけないなど、実際にするとなるとかなり厳しい面もあるのも事実です。
そんなときは思い切って、通信講座を利用するのがおすすめ。必要な情報・ものはすべて用意されているし、限られた時間で効率よく勉強することができます。

指導イラスト

教えるプロからの的確な指導

宅建の通信講座のメリットは、なんといっても専門のプロ講師の指導を受けられる点。通信講座の講師は経験豊富な先生ばかりなので、自分の気づかない弱点や苦手分野があっても、的確なアドバイスしてくれます。マンツーマンの個別指導講座なら、なお効果的といえるでしょう。
さらに言えば、web環境さえ整っていれば、外出先でも通勤中でも、どこからでも指導を受けられるという利点は通信講座ならではのもの。通学講座のように足を運ぶ必要もありませんし、空いた時間を勉強にあてられます。

教材イラスト

出題範囲・傾向をがっちり網羅した効率の良い教材

どの講座を選ぶかにもよりますが、基本的に通信講座のテキストは宅建の初学者・入門者にもわかりやすいように構成されています。イラストや図解・図版を豊富に使い、つまずきやすい難しいポイントも丁寧に解説してくれるので安心です。
問題集も実際に宅建の試験で出題された問題から、その傾向を分析。出題確率の高いものを厳選して掲載しています。自分で傾向・対策を練る必要もなく、効率よく重要ポイントの問題を解くことができるでしょう。

学習プランイラスト

短期間で合格できることを前提につくられた学習プラン

通信講座のなかには短期間で宅建に合格できるように考えて、学習プラン・カリキュラムを組んでいるものがほとんどです。わずか90日での資格取得が可能な講座も存在し、話題を集めています。
精度の高いテキスト、質の高い講師、充実したサポート体制さえ整っていれば、知識ゼロからはじめても、3か月で十分に合格レベルの実力をつけることができるということです。

このように、通信講座には、宅建合格のための要素が数多く詰まっています。独学で合格までたどりつく自信がない、スタートが遅れたぶんを取り返したい、資格をできるだけ早くとりたい、という人にはとくにおすすめです。
レベルの高い指導者と効率よく学習できる教材・テキストの存在、短期間で取得できるカリキュラムなど、通信講座は宅建合格のための近道といえるでしょう。

宅建の通信講座ランキング

成功者から学ぶべし

宅建試験に合格した人の声

宅建試験に合格した人たちの声を、一部ご紹介します。実際に成功した人の声は大きなヒントにもなりますし、似たような境遇から合格した人なら自分の自信にもつながるでしょう。
通信講座、独学、通学講座それぞれの勉強法での合格者の声なので、同じ勉強法での受験を考えている方はぜひ目を通してみてください。

通信

独学に折れた
私でも合格できました

「初めは独学で勉強したものの思った以上に難しく、1度受験に失敗。そこで通信講座を受講しました。要点を押さえたテキストや過去問題集のおかげで苦手としていた民法も克服。2回目で無事、合格できました」

体験談を読む

通信

育児と両立
することができました

「育休からの復帰後のキャリアアップを見すえ、子育てしながらでもできる通信講座で宅建を取得しました。難しい分野もゆっくり噛みくだけば理解できる内容になっており、忙しい子育てと両立できて嬉しかったです」

体験談を読む

独学

仕事との両立で苦節3年…

「働きながら独学で宅建取得を目指したので、とにかく毎日猛勉強でした。それでも2年続けて不合格。傾向がつかめた3年目でようやく合格です。これまで無縁だった宅建業法や権利関係に苦労したのは、忘れられません」

体験談を読む

通学

毎日8時間の勉強
講師の励ましがあってこそ

「絶対に一発で受かってやろうと、毎日必死で勉強し、なんとか合格できました。1日8時間勉強はしんどかった。それでも、通学講座で受講した試験対策や講師の指導は、かなり試験で活かせたので、通ってよかったです」

体験談を読む

最速で受かるランキング

最短資格が取れる
おすすめ宅建通信講座

Best3

第1位

キャリアカレッジ
ジャパン

キャリアカレッジジャパンの画像・トップ・サイド

最短3ヶ月での取得が可能
不合格だった場合全額返金

■期間:最短3ヶ月
■費用:37,000円※ネット申し込み

公式HPで詳しく

第2位

TAC

TACの画像・トップ・サイド

カリスマ講師の楽しい講義
じっくり学びたい人へ

■期間:最短4ヶ月
■費用:38,000円~

公式HPで詳しく

第3位

ユーキャン

ucanの画像・トップ・サイド

効率良く資格取得!
大手講座の独自メソッド

■期間:最短6ヶ月
■費用:63,000円~

公式HPで詳しく

続きを見る

宅建受かった!合格者の声 人気の資格・宅建(宅地建物取引士)とは?